facebooktwitteryoutube
in - 13 5月, 2017
by yuuryou - no comments

長年使い続けてきた愛車を売却し、ニューモデルを買いたいといった場合には、販売会社での下取りをしてもらうか、中古車販売店での中古車査定、買取をしてもらうというのが通常でしょう。

しかし、ディーラーでの下取りは、現在使っている車を下取りに出した場合には、高値で下取りをしてくれる可能性が高いですが、その他のメーカーの車であれば、それほど高値で下取りしてくれません。

その場合は中古車買い取りサービスを活用する事で、愛車を高値で買い取ってもらえる可能性が広がります。

店舗での中古車買い取りの査定は、車の状態次第では厳しい事があります。
特に、壁などにぶつけて、傷が出来たり、凹みが出来て修理をした場合には、大切に乗ってきた車と比較して、減額の対象になりやすいです。

車体全体が歪んでいる場合には、大幅な減額になったり、買い取り不可となるケースもあります。
このような車の場合は、修理車や事故車の買い取りを専門にしている所で査定を依頼した方が良いです。

店舗査定では、車のあらゆる部分をチェックしていきます。

走行距離によってエンジンの現在の状態を把握でき、ボディの傷や汚れ具合で商品としての価値を探っていきます。
出来るだけ減額を避けたいのであれば、車を買った時の状態に出来るだけ近づけていく事が必要になってきます。

査定時には、車検証などを用意しておく必要があります。

また、条件の良い買い取りを望むのであれば、複数の業者に査定を依頼するのが効率的です。

店舗査定は厳しく行われますが、それらのチェック項目をクリアすれば、高価買取が期待出来ます。

査定を受けるなら
↓↓↓