facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 11 3月, 2016
by yuuryou - no comments
お待ちかねの「中古車査定」のことを考えてみた

中古の車の下取や買取の時には必ず査定をするものです。査定というのはお客さんから買い取りや下取りする時に冷静な評価を下す為の作業であり、それを行うためにはいろいろな方から了承されその上了解された進め方でなければ良くありません。

ただし、ユーザー側からすれば鑑定がどんな具合に実施されているのか正確には知らなかったり、適正な手続きで調査されているのかはどうにも認識することが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても審査というものはその車の価値を確定させる重大なプロセスですから、考えや方法に色々なものがあると社会が混乱する要因ともなるわけです。

そういったパニック状態を起こさないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。「日本自動車査定協会」という機関は適切な見積が行き渡るように機能している団体であって、ユーザーが無事に鑑定に出すことができ、更に満足のいく結果になるようなシステム作りの務めをしています。

実際の活動内容としては、例を出すと健全な査定士を増やす為の試験をおこなっており、査定協会が行っている学科及びスキル研修というものを受けて、それから査定士技能検定試験に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。更に査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、健全な見識や義務でもって私たちのクルマの鑑定を行います。

つまり適正な見積もりを行う為の資格を保持している人が鑑定を行いますので、お客さんも悩まずに下取または買取に車を出すことが可能となるのです。