facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 06 7月, 2016
by yuuryou - no comments
これが残債がある車の売却のことを考えてみた

中古車買い取り専門店に見積もりをしてもらったのはいいけれど、割賦払いを払いきっていないケースもあるでしょう。こうした際は、買い取って欲しいくるまの所有がご本人であるのかそれ以外の人なのかどうか何はともあれ確認する事が必須です。

ホントのところ、持ち主についてはどの辺を見れば分かるのかと言えば、「車検証」に記載のある名前がお車のオーナーという訳です。

マイカーを買ったときに銀行系の分割払いを組まれたケースでは、こちらの「自動車検査証」に記載されているお名前がご本人の名前になっているのですが、自動車ローンを組まれたのがクレジット会社だった際は氏名がそこの名前になっています。クレジット会社で分割払いを組む場合どうしてこういった形でその会社を所有者として登録してるのかと言えば、その答えは返済が滞ったりしたら、即自動車を差し押さえて確保するためです。

こういった理由で所有名義が信販会社にある時にはその自動車を好きなように売る事は出来ません。何が何でも売却したいのであればとりあえずローンを全部終わらせるか、ローンの設定し直しをすることでオーナーをあなたの名前に変えた後で売る必要性が出てきます。ですが、現実問題こうした手続きができるのはその時点で持っている資金がとても多いケースになってしまいます。それじゃあキャッシュがあまりない時はどのようにしたら良いのでしょうか。

こうしたケースでは査定をしてくれたマイカー買取専業店に事情を話すと、お車の買い取りの値段から残った支払い分を完済させ、オーナーをアナタの名前に直して貰うことが出来ます。手続きに関しても全てを買取専業店に任せられるので大丈夫です。