facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 10 8月, 2016
by yuuryou - no comments
これは・・・買取や下取り、リサイクル料のこと

自分のくるまのを売るときのやり方といえば買い取り、そして下取りというのがございます。下取りのケースというのは新しいくるまを買う代わりに今までのマイカーを買い取っていただくというものです。大抵新車販売会社が引き取りをおこなうので価格の方はどっちかといえば低く見られることが多いです。

もう一方の買取りの方はくるま買い取り専門ショップが行っているもので、中古の車という名目で店頭に並べることを前提に引受のプライスを決定するため、どちらかといえば高プライスの買取が期待できるでしょう。いずれにしても自分のクルマのを売却することであり、売却する前に引受価格を決めるための値踏みが行われることとなります。

見積もりをおこなう場合気になるのがリサイクル料です。愛車値踏みで出してもらう値段というのはそのユーズドカー本体の金額、自家用車についてくる自賠責保険とかリサイクル料などを含めた値段の2種類があります有ります。リサイクル料については中古車を購入した時、もしくはリサイクル料が未払いだった場合には車検を通した時支払いとなるもので、後に自分のクルマのを廃車にして壊してしまうさいに必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルする時の費用ということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する際にJARSから払われるということになります。

費用は、軽自動車であれば約8千円、国産車であれば1万円位、外車等であれば15000円ほど、その他で20000円程を入れる必要性があったりもします。たいがいのお車引受けの場合、これらのリサイクル料金を自動車の引き取り価格とは他として買い取りされることになりますが、リサイクルの料金を含めて見積もりプライスだという場合もあり、引き取りを希望という時事前に確認しておくことが大事なこととなります。