facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 10 7月, 2016
by yuuryou - no comments
そうれ!クルマ買取業者とオークションとのことだけどどうなんでしょう

古い車を売り払う手立ては、ちょっと前まではディーラーが行う下取りと、中古車販売業者に対する売却というのがありました。新車を購入する自動車販売会社に下取りしてもらって、新しい車を入手するお客さんが最近までは結構いたのですが、今現在この方法をセレクトするお客様はほとんどいません。下取ですと、比べてみるとお得じゃないことが広く知られてしまったことと、「Auction」に行くといった目新しい手段が知られるようになって来たからです。

中古自動車専門の「オークション」があって、ユースドカーの専門ショップやその他ディーラーなどもそうした所で入手をします。普通ですと行くことは出来ないのですが、代行してくれる業者を利用することで、普通の方であっても自分の車を「Auction」で売却することが不可能ではなくなりました。で、もう一方の方法のユーズドカー販売店への譲渡に関しては、まずはクルマを見積してもらい、納得の売却額を出されたら売買が成立です。

中古車販売店は、買取したくるまをちゃんとメンテして店頭で商品にしたり、オークションに出したりします。どんな手段を選ぶのかは自由ですが、何を目指しているかによって最適な方法は変わってきます。もう兎に角ほんの僅かでも高額で引き取って欲しい、という話であれば、競売代行業者にお願いするのが最高に高い価格で販売できる可能性が高いです。とはいえ心配することなく売却したい、信頼できる専門店に買い取って頂き、大切に乗りこなしてくれる方に販売してほしいという事だったら、新車販売店やユースドカー販売店のほうが心配ないでしょう。

代行専門業者に頼むケースでは、販売されるまで保守代金を支払わなくてはならないため、販売に時間が必要な状態なら手数料が高くなるリスクをはらんでいます。古い車の販売会社なら買いたい方が見つかる前に現金を貰うことが出来る長所が存在します。