facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 03 7月, 2016
by yuuryou - no comments
なんと!中古車とオークションについて思うこと

今迄お乗りの車を買い取って貰う経路は、ちょっと前までは自動車販売会社による下取、または中古車ショップへの譲渡がポピュラーでした。長い付き合いのディーラーに下取りしてもらって、新しい車をゲットするお客様が昔はまあまあいましたが、ここ1~2年そうした方法を選ぶという方は少ないです。下取の場合が、どちらかと言えばお得じゃないことが広く知られてしまったことと、オークションに参入するという新しい方法が浸透し始めたからです。

古い車を専門とする「Auction」があって、ユースドカー販売店やその他販売店もここで売ったり買ったりしていたりします。普通のお客さんは参入出来ないものですが、代行業者を利用することで、一般の人がお持ちの車を「オークション」で売却というのが出来るようになっております。そして、もう1つの方法である中古自動車専門のお店に対する売却手続きとしては、始めに自分の車を値踏みしてもらい、希望の売却額を提示されたら契約が成立という流れです。

ユースドカー販売店は、そのようにゲットした古い車を整備してお店で売ったり、オークションに出したりなどします。どのやり方を選択するかはご自由なのですが、どれを目指しているかによってベストな方法は変わってきます。なんにせよチョットでも高価に売り渡したい、だというのであれば、Auction代行専門業者に要請するのが一番高価で引き渡しできる可能性が高いです。とは言っても心配することなく販売したい、信用に足る専業店に買い取って貰って、キレイに使ってくれる人に売却してほしいというなら下取もしくはユースドカーの販売会社の方が適しています。

代行の方にお願いした場合、売却するまで保管代金を支払しなければならないので、売るのに時間が必要となるとその分高くなるリスクをはらんでいます。ユーズドカー専門業者なら次のユーザーが見つかる前にキャッシュをもらうことが可能であるというプラス部分が存在します。