facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 25 5月, 2016
by yuuryou - no comments
ほら、車の買い取りとリサイクル料金について調べてみた

愛車を売却する際の手続きには買い取り、そして下取りの両方が一般的です。下取のケースは新しい自分の車のを購入すると同時にこれ迄のくるまを買い取って頂くというものです。主として新車販売店が引取りをすることになるため金額はどちらかというと低めになるケースが多いです。

もう一方の買い取りの場合には中古車買取専業店がおこなっており、中古の車として販売する事を前提に引受値段を決めるため、どっちかというと高プライスの買取りが期待できます。いずれにしても愛車を引き受けてもらうことであり、、売る前に引取りプライスを決めるための見積もりがおこなわれます。

値踏みをして貰うケースで気に掛かるのが「リサイクル料」です。ユースドカー査定で出される額としては愛車それ自体のプライス、自分の車のに附随するリサイクル料とか自賠責保険などいれたプライスの2つの種類が有ります。リサイクル料は自動車を買ったさい、または「リサイクル料」が払われてなかった場合には車検のケースで支払われるもので、後に所有車を廃車にして処分する際に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルする時の料金ということで使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体処分するさいにJARSから支払されるということになります。

費用はだいたい、軽であれば8000円くらい、国産車だと1万円位、外車等だと15000円位、そのほかで2万円程度をいれる必要がございます。大抵のお車買取であれば、これらのリサイクル料金をユーズドカーの買い取り価格とは別で引取られる事になるんですが、リサイクル料を入れて評価のプライスとなってるケースもあり、引取りを希望する時に先にチェックしておくということが大切です。