facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 23 7月, 2016
by yuuryou - no comments
まさかの車買取と下取について調べてみた

自動車を処分する場合における方法としては買取りや下取りといった手続きがございます。下取に関しては、新しい自分の車を買った時点で、これまでのお車を引き取っていただけるものです。そのクルマが走行が問題ない自動車であればプライスが望めますが、とんでもなく古いくるまであった場合には反対に処分の為の費用を求められる場合もなくはないでしょう。

下取してもらう場合は専門店が買い取りをするとはならないので、望むような値段での売却は期待できませんが、次の自動車と交換で乗り換えすることが可能といった良い面があります。一方買取ですと、それを専業としている車買取り業者に頼んで買い取りして頂くものです。タイミングが難しいといった短所も有りますが、引受けされた所有車は中古自動車となって流通するのがそもそも決定されていますので、割かし望んだ金額での引受けが望めます。

買取、下取どちらのケースでも譲渡のさいにはいろいろと書類をまず準備しておく必要があります。どういったものが必要なのかというと、車検証や納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。また実印や印鑑証明書、住民票等も必要です。

引取りの際は委任状や譲渡証明書なども必要となりますが、そのあたりはお店の方にて用意してくれると思います。手続きを頼むこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、住民票と実印および印鑑証明書を用意しておきましょう。鑑定の際もこれらに関しては見られるので、なくしたときは再度発行していただくことが求められます。

たとえ紛失の場合でも査定そのものだけをして頂くことは出来ますが、即日引受けはできないため鑑定額に悪影響が出てしまいます。