facebooktwitteryoutube
in 中古車査定情報 - 17 5月, 2016
by yuuryou - no comments
改めて中古車見積もり時の「必要書類」ってどうでしょう

愛車を売却するケースにおいてのやり方としては買取りや下取りというやり方が有ります。下取りはおニューのクルマを手に入れたタイミングで、それまで自動車を買取りしていただくというものです。そのくるまがドライブができる車であるなら価格がつくのですが、とんでもなく古い車であった場合ですと処分費用を求められる時もあると思っておいた方がいいでしょう。

下取してもらう場合は専門ショップが買取りするという事ではない訳ですから、希望金額での買い取りは難しいと思いますが、新しい車と交換のような形で乗り換えすることが可能であるというメリットがあります。もう片方の買い取りはというと、専門でおこなっている中古車買取ショップに依頼して買い取りをしてもらうといったものです。やり取りが難しいといった良くない点もあるわけですが、買取されたくるまはユースドカーとして出回るのが決まっておりますので、想像よりも望むような価格での買取りが望めます。

買取にしても下取にしても引き渡す際には必要となる書類をまずは準備することが必要となるでしょう。必要なものの中には車検証やクルマの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。更に印鑑証明と実印、住民票等も必要です。

売却のときには譲渡証明書や委任状も必要となるのですが、これらに関しては買取り業者で用意してくれます。売渡を頼むコチラとしては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印、住民票あとは印鑑証明を準備しておきましょう。値踏みの際もこれらに関しては見られるため、なくした際にはまた発行して頂くことが必要でしょう。

仮に無くしたケースでも鑑定だけを受けることはできますが、その場ですぐの売却はできないので審査の金額に悪い影響が出ます。